初体験や妄想まとめサイト モーテル

同僚のちょいブス女とセックスしちゃった話

自分の職場にちょっとブスな女性の職員がいる。千秋(仮名)っていう女で、34歳。俺が29歳だから5つほど年上。最初は俺に対して冷たい発言をしてきてたので、いやな感じだなと思ってたけど、最近になって俺を男として意識してるからというか俺に気があるからそういう態度になるんだと気付いた。まぁだからといってどうするということもなかったんだけど。

そしたらある日、千秋に荷物運ぶのを手伝ってと頼まれた。それくらいいいだろうと快く引き受けると、終わったあとなんでも好きなものおごるっていう。ハンバーグ食べたいって言うと、じゃあうちで作るからおいでって、せっかくの好意で断ることもできず千秋の部屋に上がることになった。

食事を作ってもらって食べながらお酒も出されて、ちょっと酔ってしまった。千秋が休んでていいよっていうから、部屋で寝ころんでた。その日千秋はミニスカートはいてて、それがもうやばい感じしてたんだけど、俺が寝てるまわりを片付けとかでうろうろすると、その度にパンツが見える。

「そこにいるとパンツ見えるよ」って俺が正直に言ってしまったものだから、なぜか千秋はちょっとうれしそうで「やだ、ごめんね、見えちゃった」わざと見えるようにしてるのかなと思ったくらいだった。

「ねぇ、もしかして興奮した?」なんて聞いてくるので「いや全然」と答えたが悔しいことに半立ちだった。千秋はそれを疑って、「ほんとに~」と俺の股間をじっと見る。その顔を近づけた圧力で完全に勃起してしまった。それに気づいた知秋が「やだ、立ってるよ」と指摘。俺はもうごまかしようもなくなっていると、手でポンポンして「ほら、かたーい」ってブスなのにさわられてピクッとしてしまった…。

「かわいそうだから出してあげよ」と言って俺のズボンとパンツ下げて勃起したチンチン出されてしまった。それを手ですりすりしながら「どうする?このままじゃ帰れないでしょ?」溜まってた俺は拒否できず…。「じゃ、してあげるね」そう言って口の奥までかぷっと深く咥え込んでディープスロート。さらに「さわってもいいよ、あまり大きくないけど」って知秋は自分でブラジャーをはずしたので、Cカップの胸をさわりながらフェラしてもらった。

そしたらついに千秋が「しちゃおっか」と俺の体の上に乗ってきて、自らパンツを脱ぎ割れ目にちんぽをあてがった。かなり濡れてたみたいで、ぬるぬるのアソコにすんありと入ってしまった。結局数分で我慢出来なくなりお腹の上にたっぷり射精。その日は泊まって次の日に帰りました。この事は誰にも言わない様にしようと思っていたのに同じ職場のパートのおばちゃんに「あんた千秋ちゃんととなんかあったらしいねぇ」とイジられて死にたくなった。